The Glorious Nosebleed
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ASALATO
こんなんじゃいかん僕、と思い立ち、家の中のガラクタを整理しています。





こ ん な ク ソ 暑 い 時 に 。




まずは寝室に積みあがってる本から。大きい地震起きたら本に埋もれる自信、確実にあります。
大きい地震でなくても、落ちてきた本の角で当たり所悪かったら死んでしまうとも思います。
そしたらベッドの下から大量に出てきて思わず悲鳴を上げたCDも整理すんだ。
ガラクタとかおもちゃとか、道具とかも整理しておうちキレイ計画。




こ ん な ク ソ 暑 い 時 に 。




おもちゃで思い出した楽器。
うちは音楽やらないくせに、ジャンベ(ばるちゃん用)とボンゴ(つゆちん用)がなぜかあるのですが(盛り上がった時にわざわざ買った。家飲み会で家主が酔っ払うと、50%の確率で引っ張り出される)、お手軽な楽器、アサラトもあるのです。






数年前にゲーム仲間の女の子から教えてもらった楽器。
楽器屋さんで数百円~千円くらいで購入できます。

すげー楽しいしカッコいいんだけど、すげー練習しないといけないのね。
YouTubeの動画(親切にもASALATO講座動画みたいなのがある)を見て練習して、ちょこっとだけ鳴らせるようにはなったんだけど、いつまでたってもかっこよくできるようにならない。

おまけに

20100728001.jpg
当時やんちゃ盛りだったきなたんが穴を開けた


赤と茶色のかわいいツートンカラーのちっこいのは、中身です。
人によっては中身を増やしたり減らしたり、紐を取り替えたりしてカスタマイズするそうな。(だから穴開きも捨ててないの)
丸い大きいのも、中に入ってるのも木の実とか種とか。




音とリズムはこんなにシャープなのに、どこかなんとなくだらだら感のあるスタイルも好き。


なんかタップダンスにも似てる?
停滞感がある時は大掃除するに限ると思います!がんばろー。
スポンサーサイト
[2010/07/28 09:01] | にっき
メロンのカービング
暑さのせいか、ここしばらくすごい無気力状態なので、みなさまいろいろと、すみませんすみません。



でもカービングはできる。お教室に行くと考えなくても手は動く。

20100726001.jpg
剣弁のバラぎっしり


もうちょっと意図的にやれば良かったなぁ。
いつも彫り終わった時にそう思う。

フジツボみたいってばるちゃんに言われたw



20100726002.jpg
デライトとジャルダンドゥレソンヌ 夏花


20100726003.jpg
間違い探し


よつばと!は読んでないんです。ごめんごめん。
[2010/07/26 09:08] | タイカービング
熱いよ。。。
20100721001.jpg


20100721002.jpg

[2010/07/21 10:51] | にっき
つゆちん的 夏休みの推薦図書
お友達の娘さんが夏休みの工作に頭を悩ませてるとか聞いて。

みんなまじめにやってるんだなぁ。
今でこそ毎日のように夏休みの工作っぽいことをやってるアタクシですが、子供の頃は夏に弱いこともあり、また夏休みの度におたふくとか麻疹とかになって1ヶ月くらいは寝たきりだったりして、ちゃんと工作をやった記憶がありません。マッチ棒でログハウスを作ったことくらいか。

夏休み明けに夏休みの自由研究の展示会みたいなのがあって、そこで一番記憶に残ってるのが女の子が描いてたマンガでした。
40ページくらいだったかなぁ。ちゃんとストーリーもあって(いじめを受けていた子がいじめっ子をやり返すというたくましいギャグマンガでした)みんなで奪い合うようにして読んだ。


で、冒頭の娘さんには草木染を勧めてみた僕です。今マイブームなのよね。花びら染なら火も難しい薬品も使わないし。ただ色あせが激しいから、夏休み最初に作って、放置したまま2学期になったら見る影もないくらいになってる可能性が高いんだけどw


そんな夏休みに思いを馳せての、つゆちん的推薦図書です。
激しく偏ってるのでまったく役に立たないと思いますが。





1から作る骨格標本のつくり方。山や庭にあった動物の死体からも作ってます。動物だけでなくてカエルや魚とかも。
普通に生徒と先生の、学園もののエッセイとしても面白いです。なんていうの。地味ながらもロマンがあるのよ。
豚足から骨格標本を作るやり方も載ってます。
「ホネ、イヤー!」って人でなければ普通に面白い読み物ですよ。

随分昔にばるちゃんが「標本作りたい」って買ってきた本なんだけど。読んであまりに面白かったのでそれだけでもう満足してしまったという。

レントゲン写真や骨格図鑑見て美を感じてしまう方にはオススメです。





キノコの写真図鑑を見ると必ずと言っていいくらい名前を連ねている伊沢氏。キノコ界で知らない人はいないでしょう。
氏の究極のエコロジーというか環境保護活動というか。人間の営みと自然について根本から考えてしまいます。衝撃的ですけど、なるほど、と思わざるを得ない1冊です。
でもまだ巻末の袋とじを開いていないアタクシw
伊沢氏の自伝的要素もあるので、人生、親とか周囲が押し付ける一つの価値観に縛られて苦しんでる若者とかが読むと、こういう人生もあるんだ!って開眼するかも。なんだっていいんだよ。自分が興味あること、やりたいことをやり続け突き抜ければ、キミは立派なパイオニアだ。

ちなみにこれは


女子山のパイオニアかもしれない

すげーおもしろい。気分転換にドウゾ。山わからなくってもちょー笑えます。


あと。
マトモなところで1冊。



昨年だったか、姉にすすめたらすごく気に入っていた様子。
世界中に自己啓発本は多々あれど、それのルーツといわれている本です。1世紀くらい前に哲学者ジェームズ・アレンによって書かれています。
シンプルな短い文章で、読む時々によって異なる印象を持つ、占い師のような本かも。スピリチュアル本ではないんだけど、取り方によってはそう取る人もいるかもしれない。
「7つの習慣」とか読んじゃった人はきっと気に入ると思います。続編と続々編も出てます。

 


あと今大河ドラマもやってるし。夏休み長いし。
若い時に司馬遼太郎の「竜馬が行く」は読んでおけ。
絶対その後の人生変わるから。(史実かどうかは別として、あの本にはそういうパワーがあるよ)
[2010/07/18 09:14] | | コメント(6)
スイカのカービング
20100708001.jpg


ちゃんとやれば(ある程度)できるんだもん
でもデザインは人まかせ~(ダメじゃん)
[2010/07/09 12:00] | タイカービング | コメント(10)
7月6日
ぽちさん、バロン・ジロー・ド・ラン咲いたよ~


20100706001.jpg
ちょー夏の花だけど。でもしっかり白いラインが出たよ。
色も深紅じゃないけど、ピンクでもない。

20100706002.jpg
後ろのファビュラス!もダリア咲きになってるけど。


やっぱりファビュラス!は冬花が好きさ。。。


20100706003.jpg
ロマンティックレース

20100706004.jpg
シャンテ・ロゼ・ミサト


ミサトの後ろの茶色いカーテンは、干してる家庭菜園のタマネギです。
送る送る言っててまだ送ってなくってごめん(こればっかだなw) でも日持ちするから!
(真ん中にチラリと見えてるオレンジ色はパット・オースチン)
[2010/07/06 09:03] | バラ・クレマチス・園芸 | コメント(6)
ベル・オブ・ウォキング初開花
今年の春、誘引の際に、蕾のついたつるを切ってしまったので(何回やれば気が済むのか)1輪だけ初開花~。


20100705002.jpg

20100705003.jpg



若いせいか、季節のせいか、花弁は少ないけど、透明感のある美しさはさすがです。
開きたてだから、しべがふっくらしていて瑞々しくってかわいい。

写真を撮ってたら、すぐ近くに面白い模様のクモの巣を発見。


20100705001.jpg



中央に真っ白いガシャガシャした模様入り。
少し離れたところに同じクモの巣があったので、一緒にうちにたどり着いてきたのかな。

テーマ:クレマチス 大好き♪~ - ジャンル:趣味・実用

[2010/07/05 10:32] | バラ・クレマチス・園芸 | コメント(0)
2番花、とか
夏場はどうも暑くて、必要最低限しかベランダにいないので、気がつけば咲いてて散ってる、というパターンが多いのです。


20100704001.jpg
バーシカラー@湘南クレマチス様


昨秋に抽選購入で当たった苗。ちっこいので今年は咲かないと思ってたら咲きました。
この子はこのまま剪定しないで咲かせ続ける予定。ご近所でそうやってるので、うちも真似っこ。
(でもそのお宅は「これ年1回しか咲かないでしょう」とかのんびりしたこと仰ってたので、あんまり興味ないだけみたい)
うちのは最初だからなのか、色が薄い感じがします。実生なので、個性があるらしいのだけど。
実は心配してた這澤とのキャラ被りもそんなになくって安心してます。


haizawa2010051301.jpg
うちの今年の這澤



昨秋お迎えしたチビ苗、春日井園芸様のキングスドリームも蕾をつけたんだけど、間違って剪定しちゃって。。。
本当にどうしてこんなにウッカリものなのか。そんな自分がすごい恨めしい。
でも壺系みんな元気ですね。有難いことです。

クレマの2番花はこれからだけど、バラは咲いてますね。
気がつけば花びら落ちちゃってるような感じなのだけど。


20100704006.jpg
パットはもちろん(双璧のファビュラス!も咲いてるんだけどね)

20100704004.jpg
昨年コガネにやられて調子を落としたナエマも今年は好調らしく

20100704003.jpg
昨年ホームセンター救出組のベンジャミン・ブリテンも調子いいです。

20100704005.jpg
シャンテ・ロゼ・ミサトも頑張ってますね。

20100704002.jpg
アナベルは黄緑~純白~黄緑と色を変えます。



さてさて。この週末は村田ばら園主催のバラ教室に行ってきました。
いつもなんかおっかない雰囲気だなぁと遠巻きに見ていた村田さんはお話好きな感じのする、ナイスガイでしたヨ。
お話も大変面白く、すっごい勉強になりました。村田さんって予想以上にすごいチャレンジャーでビックリw 知識と知恵と経験とチャレンジ精神、これ最強だなと。あとでノート清書しよう。

バラの葉の黒星病には、葉の表面の保護膜が降雨などにより傷ついて菌が進入するルートがあるということで。
人間の皮膚と一緒だなぁとか。うどん粉との違いや農薬のチョイス方法など教えていただきました。
明日早速ホームセンターと農協回ってお薬見てこようと思ってます。
言われた薬、全部は使わないけどいくつか試してみたいなぁと思ったものがあったのでね。
お教室の内容の詳細はレポートしないけれど、いただいた資料とだいたい同じお話が村田バラ園春のカタログに書いてあったので、興味のある方はカタログ取り寄せなさるとよろしいかと思います。(今年から値段が少し上がってます)
[2010/07/04 21:25] | バラ・クレマチス・園芸 | コメント(2)
キョウレツイタダキものと発酵肥料顛末
きなたんは「プチ・バセット・グリフォン・ヴァンデーン」という、何回か復唱しないと覚えられない長い名前の犬種で、犬種を聞かれても覚えられるわけはないのでいつも「プチバセです」と言っています。いつも怪訝な顔をされます。

余談ですが、今日初川遊びで、いつもはモップのようなきなたんですが、シャンプーすると夢のように可愛らしくなります。あ。写真撮ってないやw
肛門腺がやっと良くなったので、今日初めて、本気で絞りました。ちょろっと出ました。絞った時のきなたんのやけに人間臭い微妙な表情が忘れられませんw

そのプチバセはなかなか強烈な個性の子が多いのですが、その飼い主もまた強烈な個性、というか、面白い人が多く。そんでフレンドリーなのもプチバセと一緒。いろいろ親切にしてくださってます。


20100703005.jpg
ハイパープチバセりん君とこの、えんちゃまからのイタダキモノ。地方名産の詰め合わせセットになっておりました。

20100703004.jpg
きなたんの姉妹、レースのとこのsanaeちゃんからのイタダキモノ。


あ。sanaeちゃんからのこの微妙な金文字&誤字(「まぬ太って何ぜよw」)の下には「クレクレ」とねだった外国製トリミングナイフのおしゃれ箱とか、どぶ漬けソースとかコーヒーとかお菓子とかステキなカオスになっております。

つまりはチョイスものも非常に個性的w しかもセンス良し。ステキすぎです。
そんなプチバセオーナーのあなた達が大好き
(まだ恐ろしくて激辛ハブソースは試してないのよ)

いつも本当にありがとう。自分でもビックリなくらい元気出ちゃったよ。


さて。
夏仕込み、というか梅雨仕込み発酵肥料の顛末です。


20100703001.jpg
痛んだダンボールのかけら入り


6月中旬に仕込みました。
温度も上がり菌糸もでき団粒化も進み、とっても順調だったのですが。
途中水分を足した&攪拌を1日忘れたのが失敗だったようで、納豆菌が大ハッスル。50度以上の高温が続き、ダンボールの底が破け始め、アンモニア臭が漂いました。(キンカンを薄くしたような臭いで目に少し刺激があります。顔を洗ってもしばらく鼻の粘膜にはりついたように臭うの。ばるちゃんに言わせるとゴミ捨て場の臭い。これが腐敗臭なのかも)
アンモニア臭は集合住宅では致命的。
1日何回も切り返して高温が続かないようにして、少しでも涼しい北側ベランダへ移動。米ぬかとかイースト菌とか、乳酸菌(整腸剤を砕いた)入れました。
移動の時気がついたのですが、ダンボールの底に敷いてたすのこがひっくり返っていて。

20100703002.jpg
床に接していたので黒い部分の通気性がまったくなかったのです。

20100703003.jpg
すのこをちゃんと敷いて、底に新たにダンボールをあて、空間を作ったらあっという間に温度が下がった。


つまりは、一番の原因は水分が少し多かった&底の通気性がなかったせいだったのですね。
本当に、翌日には温度がすっかり下がってアンモニア臭もしなくなりました。


あまりにあっけなく解決したので拍子抜け。
このままアンモニア臭がおさまらなければ、家庭菜園に捨てに行かなくては。。。でも車に乗せたら臭い移りそう。。。とか凹っていたのです。(家庭菜園の隣には地主さん家の堆肥の積み置きがしてあって、時期によっては尋常じゃない臭いがするので、うちのこのくらいの臭いなどかわいいもんです)

いざとなったらどうにかできる環境でない限り、冬以外の仕込みの発酵肥料はおすすめできません。
そもそも冬仕込みの大きな理由は、糖化作用をゆっくり寒い環境でできることですしね。

でも実際やってみないとわからないことって多いもんです。いやはやいい経験になりました。
でも最初の糸状菌の立ち上がりは尋常じゃなく素晴らしかったですよ。
[2010/07/03 23:03] | 土作り・肥料作り | コメント(4)
| ホーム |
プロフィール

つゆ

Author:つゆ
つゆちん@カナガワです
家族とイヌと、ネコとハナがあればしあわせ
LinkFree
記事内の文章や画像は無断転用・転載禁止です。ご理解お願いします。

御縁がありますように

千葉県猫SOS

Info

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

blog内で検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

本日の一卦

猫めくり

れっつあまぞん

ごはんあげてー

ハマってます

危険いっぱい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。