The Glorious Nosebleed
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
土作り本
メアリーさまのお話ばっかりだけどw


先日、メアリーさまがバラの鉢植えに馬糞堆肥をマルチングして、そのことで生産者様からご指摘をいただいて、いろいろ思いを巡らせていらっしゃったようで。
その記事

ふーむ、なるほどーと、読んでいたのですが、まだまだ知らないことばっかりだなーと。
園芸に使う用土や肥料、堆肥について、それなりの知識はできたつもりでしたが。
家庭菜園も手伝うことになったし、自家製堆肥や自家配合の発酵肥料にも手を出しました。これはいいきっかけ。ちゃんと知識を入れようと、とりあえず、良さげな本を数冊オーダー。こういう時、ネット書店は本当に便利ですね。


20100120002.jpg


「土と微生物と肥料のはたらき」 山根一郎著 初版1988/6/30 農山漁村文化協会発行
「堆肥の作り方・使い方」 藤原俊六郎著 初版2003/3/31 農山漁村文化協会発行
「有機栽培の肥料と堆肥」 小祝政明著 初版2007/12/25 農山漁村文化協会発行
「発酵肥料のつくり方・使い方」薄上秀男著 初版1995/11/20 農山漁村文化協会発行
「家庭菜園の土作り入門」村上睦朗・藤田智著 初版2010/1/1 家の光協会発行


前のめりなアタクシの性質がよくわかりますなw


ちなみに、「家庭菜園の土作り入門」は新宿紀伊国屋書店で購入しました。出先でちょうど手元に読む本がなかったので。
この時見つけてしまったのがコレ。


20100120001.jpg
ルドゥテ~!


4000円がセールで(新刊なのに!)半額以下に!!
すげーでかくてすげー重いけど、これは買わないわけにはいかないでしょう。日本語版だし。


20100120003.jpg
ナニワイバラ


日本のナニワイバラはもっとこぅ、ナニワな感じのソース顔ですが。目玉焼きにはソースですか、醤油ですか。あっさり塩ですか。


それはさておき、土作りの本ですが。
新宿紀伊国屋店頭で見つけられたのは家庭菜園の土作り程度でした。見たところが園芸だったせいかもしれない。でも農業の棚わかんなかったんだよ~。
まだちょっとしか読めてないんですが、なかなかいい本のチョイスをした予感。

「土と微生物と肥料のはたらき」は農業高校の教科書を一般向けにした本で、中身はすごく教科書っぽいです。あぁここテストに出そう、って感じの書き方です。
なぜ赤玉土など火山灰土はリン酸の固定を行ってしまうのか、など園芸書ではさらっと書かれていることがきっちり書いてあります。苦土とマグネシウム、リンとリン酸、カリウムとカリの違いはなんなの?ってこともちゃんと書かれてあって、なんていうんでしょう、これまで持っていたフワフワしてた知識たちがしっかりと座ります。
なんとなく知ってた「田んぼにマメ科の植物を植える理由」もはっきりと書いてあります。すごいよ、マメ科。まさに仙人。でもバラにはあまり使わなくて良さげだけどね。

今回自分で配合考えた発酵肥料なんだけど。
肥料、性質によって一緒にしない方がいい素材もあるみたいで(この辺まだフワフワ)、人類が農業をするようになって数千年、その知識の蓄積は伊達じゃないなと思い知りました。奥が深すぎます。後でちゃんともっと勉強して、確認しなくては。

土壌生物の働きについてもちゃんと書いてあってすごく勉強になりました。
カニ殻とかバラに使う人いるじゃない。あれって放線菌の分泌物がキチン質を溶かすので、放線菌を増やして、コガネ子とかセンチュウの持ってるキチン質を溶かしてやっつけるのが目的みたいね。うちも入れよう。
そんな細かい話盛りだくさんで、一回読んだだけでは頭がついていきませんw 付箋つけたりノート取ったりしなくっちゃ。

「堆肥の作り方・使い方」はまだ途中なんだけど、堆肥と微生物、肥料成分の関係、堆肥に使う素材の選び方、組み合わせ方や作り方、成分の話など、まぁ濃いい濃いい。
迷いがちな、牛糞堆肥は肥料なのか、土壌改良材なのか?副原料が少なく牛糞が主体のものは肥料として適しているけど、オガクズを入れたものは肥料としての効果は期待できない、とか。(決してオガクズ入りが粗悪品ってわけではないです。オガクズ入りの牛糞堆肥は土壌改良材として適しているのです。袋の成分表示はきっちり読もうってことですね)ちょっと素通りできないページが多くて、なかなかはかがいきません。


で、まだ答えを見つけていないんだけど、気になっていることが腐葉土。
園芸書で、分解が早い、としているものもあり、分解が遅い、としているものもあり。どっちなの?って思うよねぇ。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。あ。もちろん、根拠というか、データなどのソース明示でお願いします。(○○さんが言ってた、とか園芸書にそう書いてあったとかはナシですよ。園芸書では早いと遅いと両方あることを確認しています)もうなるべくフワフワしたくないもんで。

とりあえず、この2冊はデータも豊富で非常に読み応えがあります。「すげー!」連発しながら読みましたw
あと2冊も読んで、興奮したらまた記事にしますね。



とりあえず、この2冊の本を読んで、一番興奮した知識は





「乳牛はヒトの250倍の重量のウンコをする(体重比)」



ってことでしょうかw 1日45kgくらいのウンコするんだってよ。
ブタは30倍(体重比)。
さすが、草食動物は消化器官にいる微生物の量が違うんだなぁ。
[2010/01/20 23:17] | 土作り・肥料作り | コメント(11)
<<クリロー開花株 | ホーム | バラにはトゲがある...?>>
コメントありがとう!
わぁ~しびれる~
面白そう(よだれ)←うんこの話じゃありませんわよ♪
つゆ様のところに言って、つゆ様は読んでない本を横で読みた~い。。。
今日は、もうこれ以上pcの前にいると怒られるので、
明日、またきます。
腐葉土は、、、、明日きます。
[2010/01/21 20:37] URL | メアリー #Lb0elJ46 [ 編集 ]
お勉強
うんこ話勉強になりまする~
今年は腰を理由に植え替えさぼってるけど、やっぱりやろうかな・・・という気持ちになったわ。
うんこは奥が深いので今度じっくり聞かせておくれ。
ルドゥテああ、すてき!!
においがしてきそうだよ。
[2010/01/21 22:18] URL | ゆきちゃん #- [ 編集 ]

v-254メアリーさま
え。うんこの話じゃないの?w
家庭第一ですよ~!でもお待ちしてますので、お時間ある時オネガイシマス!

v-254ゆきちゃん
ちょっと!!腰大丈夫なの~!?
植え替え要員必要だったら行くわよ~!
においってうんこのにおい?ルドゥテ本、とにかくでかくて重い。まだ全然読めてないw
[2010/01/21 22:42] URL | つゆ #JalddpaA [ 編集 ]
おはようございます♪
はぁ、やっとゆっくり。昨日は、つゆ様の記事が面白くて、
興奮して駆け足で読むのが精いっぱいでした。ゼーゼー。
そのルドゥテの本、ほしい! 本って半額になったりするんですねぇ。
新宿だけかしら? 日本語版ってことは、円高差益還元セールでもないし
なんでだろう~。。。ほしいよう~!

で、腐葉土。あのあのあの、つゆ様に比べたらソースが乏しいので
コメントいれる資格なしなんだけど、昨日 勢いで「では明日!」って
書いちゃったので。。。。
(ふわふわしたコメントいらないって書いてあったのにゴメンなさい!)

まず、尺度の問題。
先日、堆肥の記事を書くときに いろいろ読み返してて思ったんだけど
同じ現象をみてるのに、見る人によってずいぶんとらえ方が違うということ。
それは著者も読者も同じ。
「よい腐葉土は時速●キロで分解します」なんていう
絶対尺度がないので、牛フン愛用者が腐葉土の話をすると
「遅い」と書くし、わら堆肥愛用者が書くと「速い」になる傾向が
あるように思います。使ってる環境によってもずいぶん違うしね。

あと、製品の問題。
馬ふん堆肥も、ふわふわで軽いやつと、粉状で重いやつは 全く別のもの。
スタートは同じものなのに(同じなのよ!わらの量も)できあがりが
全く違うものになっている (これ、まだ奥があります)。
腐葉土も、自然堆積のものと 尿素などを加えたものでは出来上がりが
全く違うもの。

よく「完熟は葉っぱの形が残ってない」とかいうけれど、
自然堆積で葉っぱの形がなくなるまでには軽く10年はかかる。(ある農家の長老の話)
葉っぱの形が多少残ってても、自然堆積のものには
微生物がいっぱい含まれててその後の分解も緩やか。
肥料成分はほとんどなくて、カブトムシの飼育も可能。(メアリーの経験)

一方、尿素や硫安で完熟させた場合、これは腐葉土というより堆肥。
(尿素のかわりに牛ふんを混ぜる場合もあるらしい。分解能力高いから)
前述の製品に比べたら、めちゃくちゃ分解スピードアップ。
HCのとかはその他の薬品を使ってる場合も多いので、
カブトムシは飼えない。(←ここでは、どうでもいいね。メアリーの経験)

だから、著者がどっちを使って書いているのかにもよると思うのです。
私はこれを使ってる!みたいに、みんなが製品名を出してくれると
いいのになぁ~。そういうのは、偉い人ほど いろいろしがらみがあって
難しいよねぇ~。。。と思うメアリーでした。
つゆ様が知りたかったことにはほど遠い内容だったら ゴメンね~!!!!!
[2010/01/22 10:45] URL | メアリー #Lb0elJ46 [ 編集 ]

メアリーさま、お帰りなさい!
いや、ご本人の経験や、複数の意見を参考にした考えならフワフワとは言いません!貴重なお話、ありがとうございます!(たまに一人の人の意見や、1冊の本の見解で「こうです!」って言われてしまうと、「やだーそんな簡単にわかるならこんな苦労してないわよ~」ってのあるじゃない?)

そう、個人的な感覚や、他の比較してる堆肥の差異もあるのかな、と思ったんだけど、農業系の本ではバーク堆肥より遅いとか、園芸系の本ではバーク堆肥より早いとかあってね。すっかり惑わされてしまったのです。自然たい積のものと、工場生産ものでは、腐葉土は違うってことなのか~。やっぱり袋は隅々まで読まなくちゃいけないわね!求めていた答えと思います!ありがとう!!!

なんでこんな気にしてたかというと、「堆肥などの有機物は分解の早いものと遅いものと、両方入れた方がいい」って話をどっかで読んだからなの。
もうどれが早くてどれが遅いのか、クラクラしちゃって、結局何も考えられなかったわw

ビックリしたのがさ、「発酵肥料のつくり方・使い方」に書いてあったんだけど(p.17)植物は無機の栄養しか吸収できないっていうリービッヒの無機栄養説があるじゃない。それがね、1979年にハダカムギが有機物を吸収するという実験結果が発表されていて、その紹介がしてあったの。信じてたからビックリしちゃったわよw

あ。ちなみに、ルドゥテのセール本、ネットショップでは定価だったので、新宿店店頭のみのセールみたい。残り少なかったので、もうなくなってるかも。。。
この本以外にセールはやってなかったと思ったので、この本がワタシを呼んでいたのですわwww
[2010/01/22 11:32] URL | つゆ #JalddpaA [ 編集 ]
再び。。。
「分解の早いものと遅いものと、両方入れた方がいい」これは、例のコツコツの本かも~ v-411 即効性と遅行性を狙ってるのよね、きっと。
それにしても 有機物を吸収するという話は私も初めてききました!v-12
じゃ、ますます有機栽培でがんばりますわ~!!!

ホント、すいません。あらためて自分のコメントみて、
メールにすればよかったと。。。ナガイ。
酔っ払いみたいで凹むわ~

また、じっくりお読みになって「この本だけは手放せん!」みたいのあったら
ご推薦くださいね♪ 
[2010/01/22 12:53] URL | メアリー #Lb0elJ46 [ 編集 ]

コツコツの本?なんでしたっけ??小竹さんの本?もーどこで何を読んだかメモっておかないと、どんどん抜けていくのですわ~(そんでいろいろ合わさったヘンテコな知識だけ残るw

長いコメント歓迎ですわよ!ありがたいですもん。書くのが大変で申し訳ないけれども!

今回買った農文協の4冊、全部アタリでしたよ!根本的なところがちゃんと詰まった感じです。
発酵とか、微生物については「有機栽培の肥料と堆肥」と「発酵肥料のつくり方・使い方」両方あった方がいい感じ。補完しあって、より深くちゃんとわかります。もう微生物の項目だけでごはん3杯いけるもんw
肥料とか堆肥のC/Nの比率とか、え、ちょっと待って!ちゃんと勉強するから!って感じ。
「有機~」に、未熟でも、完熟でもない、中熟の堆肥が、元気な微生物がいっぱいいていいぞ!って書いてありました。ただ元気すぎるので、時間を置いて植え付けしなくちゃいけないってあったけど。これって根力本の改良赤玉の考え方だな、と思って。
そんでね、放線菌には抗菌作用を持つものもいて、センチュウはもとより、うどんこ病とか、ガンシュにも対抗できるって話があって。もういてもたってもいられなくって、HCはしごしてカニガラ探しちゃったわよ~!!!(なかったからネットで頼むわw お正月に食べたの取っておけばよかった!
[2010/01/22 15:21] URL | つゆ #JalddpaA [ 編集 ]
こんばんは
カニ殻ダンゴはヘリテイジ様もせっせと製作してらっしゃいましたわ。
細かい事は記してなかったけれど、毎年必ず作ってらっしゃるからかなりの成果が期待できるのかもしれませんわね。
[2010/01/23 00:01] URL | 棘姫 #o4rjoBl6 [ 編集 ]

まぁ!あのヘリテイジ卿も!?
ダンゴというのが、気になりますわ。。。秘策があるに違いませぬ!!v-10
やっぱりぼかし肥に入れた方がいいんでしょうけれど、もう今年は手遅れなので、マルチングにしようかと。
単体でぼかすかな?
[2010/01/23 08:45] URL | つゆ #JalddpaA [ 編集 ]
堆肥
つゆ様・・研究されているのですね・・。
素晴らしいです・・。
実は、Violettaは今年オオボケです・・。
堆肥をかったのですが、いつもは牛糞なんですけれど
本には堆肥と書かれていて、バーク堆肥を買ってしまいました・・。
バーク堆肥では効果ないですよね・・・。
HCでは、牛糞、鶏糞しか売っていませんね・・。
馬糞堆肥やっぱりいいのですか?
ネットで買った方がいいのかしら?
それと、バーク堆肥は土に混ぜて土壌改良や、マルチングにもokですよね?
すみません・・。質問ばかり・・ごめんなさい・・。
[2010/01/24 14:33] URL | Violetta                #MwdnE4lg [ 編集 ]

バーク堆肥購入されたのですね~。
バーク堆肥使ったことがないので、実感したことはないのですが、土壌改良剤とお考えになって使った方が良さげです。
牛糞堆肥もそんなに肥料分があるわけではないものが多いので、(商品によって全然違うので、成分表示みないとはっきりとは言えませんが)返品が難しければ、牛糞堆肥の代わりにバーク堆肥、というのも全然アリと思いますよ。その分、肥料分を足してあげればいいわけですし。
馬糞堆肥は牛糞堆肥の代わりに、としてあるものが多いですが、私の使ったものの感じでは牛糞より水はけが悪い、もしくは水もちが良すぎるように感じているので、同じように鉢土に使うと後悔しそうです。うちは今年馬糞堆肥の配合減らしました。うちの方ではホームセンターで馬糞堆肥(大袋w)が手に入るので助かっています~。昨年配合しすぎてすごい後悔したので、まだ馬糞堆肥パワーを実感できてないのが寂しいトコロ・・・
[2010/01/24 19:23] URL | つゆ #JalddpaA [ 編集 ]
コメント書いちゃって書いちゃって




(公開されます)









管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

つゆ

Author:つゆ
つゆちん@カナガワです
家族とイヌと、ネコとハナがあればしあわせ
LinkFree
記事内の文章や画像は無断転用・転載禁止です。ご理解お願いします。

御縁がありますように

千葉県猫SOS

Info

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

blog内で検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR

本日の一卦

猫めくり

れっつあまぞん

ごはんあげてー

ハマってます

危険いっぱい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンタ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。